*年齢制限注意 触れ合う心と声と⑥

 

 

*現実の方々とは無関係のフィクションの世界です。

*本文の無断複製・転載等行為を禁じます。

*少々際どい表現が出てくる為、閲覧注意です。

 

 


触れ合う心と声と⑥

 

 

 


 何も考える余裕がなくなってしまったわたしは、言われるがままにに上着から順に取り払い、唇を合わせながらブラジャーを脱がせて、彼女のショーツ一枚という姿に思わず「何て美しい体なんだろう…」と心の声が漏れてしまい、口に手を当てて赤面した顔を隠した。

 


「クスクス…現役のモデルで女優のあなたの方が若くて綺麗なのに、美しいだなんてわたしにはもったいないわ」

「そうやってご謙遜されるところも魅力の一つなんですよ。わたしも脱いでしまいますね」

 


 二人そろって生まれたままの姿になり、浴室へ入って行き、シャワーの温水を浴びて、ボディタオルにボディソープをかけて泡だてお互いの体を洗い始めた。

 泡で隠されていく素肌に手が触れる度に、艶やかな肌の質感が脳を刺激して、自分の体の芯が熱くなっていく。

 背中と前身を何とか洗い終えると、先に洗ってもらっていたわたしの体に彼女は自身の体を擦り付けてくるので、思わず高い声が漏れる。

 


「……あぁああっ……んーっ……んああぁっっ……」

「んっ……思ったとおり可愛い声をあげてくれた……ぁああ……気持ちいいわ……」

 


 抱きしめ合って泡でヌルヌルと滑る膨らみをお互いに擦り合わせると、全身が痺れるような快感が高まっていき、欲情してしまったわたしは彼女の大事な下の割れ目に手を挿し入れて擦り上げて刺激していく。

 


「ああぁっ……はぁあああ~~………そこ………すごくイイ……っ」

「感じてくれているんですね…ほら、見てください…泡に混じってぬるりとした愛液が溢れて来てますよね」

 


 愛液を指に絡めて、大袈裟に花芯を擦り上げて粘着質な音を聞かせるように執心に愛撫していると、恥ずかしそうに首を振り、わたしにギュッとしがみついて来た彼女がとても可愛くて背筋が震えた。

 彼女の呼吸がだんだんと荒くなっていき、快感に溺れる声が高くなっている姿を見ると今にもイキそうで、そろそろ絶頂に導いてあげることにした。

 


「…んはぁああっ………もう……だめ………んぁぁあああ……っ!!」

 


 達したあとも力無くしがみつい離れない彼女に愛しさが止めどなく溢れてくるのを感じて、「愛しています…京香さん…」わたしは名前を呼んで想いを込めるように、彼女を強く抱きしめて快感の余韻を楽しむのだった…

 

 シャワーで泡と彼女の大事な割れ目を綺麗に洗い流し、それぞれ髪を洗い終えて、バスタブの中のお湯に二人で浸かって一息ついた。