この子(先輩)は誰にも渡さない

f:id:miyurei1114:20180707012512j:image

背後から視線を感じる(わね)…

 

「先輩は頭脳明晰で綺麗ですし、えっと、菜食…」

「何? 才色兼備かしら? そんなでも無いわよ、モテた事も殆ど無かったし」

「モテたらホントはイヤだけど…自分の自慢の先輩なんですよ」

「突然なによ、そういうホルスは全然自慢にもならないわね」

「ヒドイなぁ、何か一つくらい無いんすか?」

「無いわ」

「もう、じゃあ何で腰に腕を回してるんですか?」

「(じーっ)あなたに悪い虫がつかないように…よ、悪い?」

「(ちらっ、ふふん) いいえ、大歓迎すよ。でも、自分はそれ以上なんですけどね…(先輩はわたしのモノなんで、残念でした♪ )」