鳴海先輩宅でお泊り矢代

ピピピッピピピッ

「ぁ…あれ…もう朝?」

「…ZZ z……」

「うー…ねむ〜……理沙さん…まだ寝てる。もう少し寝てていいすよ」

f:id:miyurei1114:20180604213412j:image

そして、二人は登庁時刻ギリギリでお家を出ることになり、矢代は鳴海先輩に起きてたんだったらもっと早く起こしなさい!と怒られてしまうのでした。