読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年越し年明けみゆれい会②

年越し年明けみゆれい会②

わぁああ、見てれいか、素敵な店頭だね〜!
そうですね、お花や木が綺麗に植えられているのね。
えっと、準備中の札が吊るしてあるけど、どうする?
私達が主催者なので、お手伝いも込みで打ち合わせしなくてはですから、入りましょうか。
うん、それでは入るね…お邪魔します〜♪

ガラリと玄関の扉が開き、どなたか入店して来ました。

申し訳ありませんが、本日貸し切りですが……あたたは!?
なんや〜?おお、ちゃんと来てくれたやん!よかったな…んんーっ??
こんにちは、今晩貸し切りで予約を入れた、星空と青木です。
突然おかしな申し出をしてしまい、申し訳ありません(ぺこり)
うええええっ!?ちょっ!!!何でれいかが二人おるん?あんたら一体何モンや?
申し遅れました。わたし達は別の世界線に存在している星空みゆき青木れいかで、二人共大学生です。
混乱させないように、事前にふしぎ図書館のふしぎ電話から連絡をしたのですが…やはり驚きますよね。
だ、大丈夫です…///あ、あの人に姿見が似ているので、見入ってしまいました…ゴホン///

カウンター越しに見えるみゆきさんは、私がよく知るあの人とは違って、ピンク色の透明フレームのメガネを掛けていて、隣に佇む私に似た大学生のれいかと目を合わせてお話しています。

あの人って、この世界のわた…
みゆき、ご本人がいらっしゃらない様子だから…
ああ、いいんですよ、お気遣い無く。
れいか…今晩の貸し切りって、なお・やよい・うちの異世界人も来るんか?
あかねちゃん、今晩の貸し切りは〜♪
わたしとみゆきの異世界人達が集うみゆれい会なのです。