ホイミスライムと女戦士の旅物語⑥

嬉しそうに手を振り返してくれたあの方は、再びわたしの元に歩いて来ました。

あの、どうして引き返して来たのですか?
引き返したのはその…泣いてるあなたを見てたら胸がズキズキ痛くて…泣いちゃヤダって思ってたら、目が合って、手を振ってくれたから嬉しくて…えへへ///
ふふっわたしも手を振り返してくださって嬉しかったです///
わたしは体をふわふわ浮かせて人間と目が合う高さまで浮上すると、そっとわたしの手を取って両手で包み込んでくださいました。

あのね…もう泣かないで欲しいの、わたしどうしたらいいかな?
わたしをあなたの仲間にしてください、それからまた胸がズキズキ痛くなったら言ってください、わたしがホイミを使ってあなたの胸の痛みを癒しますので…どうか、よろしくお願いします。
わぁあ!ふふっ。

▶︎はい

うん、一緒に行こう!よーし、二人で力合わせたら百万力だ〜
わーい!ありがとうございます!わたし、ホイミしかまだ使えませんが、痛くなったらいつでも言ってくださいね。
うん、よろしくね。可愛いホイミさん♪


か、可愛いホイミさん///はうぅ〜///
(そういえば、まだ名前を名乗っていませんでした)