初めての夜(その1)アンケートお題SS

もしも、一番の大好物を目の前に出されたら、大抵の人は食欲を抑えきれず飛び付いてしまうでしょう。
それから、どうしようもない眠気が襲ってきたら、睡眠欲に負けて寝てしまうのも頷けることでしょう。
では、世界で一番の愛しい人が目の前に座っていたら、大抵の人は性欲を抑えきれずに飛び付いてしまうのでしょうか…?

わたしは飛び付くなどというはしたない事はしません。

いえ、正しく申しますと、飛び付くことなど以ての外、その柔らかい手に触れる事すら容易ではないのが本当のところなのです。
目の前にいる彼女は、わたしの膨れ上がる欲望を知ってしまったらどういった反応をされるのか…不安と嫌われてしまう恐怖心から行動に移せずにいました。


高校に入学し、春の慌ただしい時期も過ぎ、世間はゴールデンウィークという事で騒がしそうな中、わたしも例外ではなく、お休みを満喫することになりました。
お休みをどう過ごすのかと言う前にご紹介をしておきますと、中学二年生の時に出会ってから今に至るまで同じ学校に進学をしているみゆきさんとは、実は中学三年生の春からお付き合いをさせていただいているのですが、まだまだ友達以上の恋人と意識している未熟者故、手を繋ぐ事すらドキドキしてしまっているという情けない有様です。
そんなわたしと比べてみゆきさんはというと、教室内でも周りを気にすることなく擦り寄ってきたり、抱き着いてくれたり、恋人繋ぎだね〜なんて嬉しそうに微笑み、恋人としてのスキンシップを好きな様に取っているのでした。


お昼休み
れいかちゃん、明後日からゴールデンウィークだね。
そうですね、みゆきさんはご家族とご旅行でもされるのですか?
ううん、どこも行かないよ。お父さんがお仕事なんだ。
そうでしたか、ご家族の方もお休みされると勝手に思い込んでしまいごめんなさい。
いいの、謝らないで。そういうれいかちゃんちはお出かけするのかな?
うちは皆々それぞれに予定を立てているみたいで、わたしはお留守を預かることになっているんですよ。
え、ということはれいかちゃん一人なの?
母以外は全員留守になりますね。
そっかぁ…もしれいかちゃんとれいかちゃんのお母さんがよかったらなんだけど…お家に泊まりに行ってもいい…かな?
あわわわっ///お泊まりですか??
ダ、ダメなら無理は言わないから…
ダメなわけないです!っ///早速帰って直ぐ母に聞いてみますね。
れいかちゃん、うんお願いね///


その日の放課後は落ち着いていられなかった為、ダッシュで帰宅して母に確認を取ると、いつもみゆきさんにはお世話になっているから快くおもてなしをしましょうとスムーズに決まり、直ぐにみゆきさんのケータイに電話をしてお返事をしました。