読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしも一緒に連れて行って(中編)

れいかお姉ちゃんのおかげで待ち合わせ場所までスイスイと移動できた姉妹は、一番に到着している人物の下へと走り寄るのだった。

あっ!つぼみちゃんだー、はぁはぁ…やっほーお待たせ〜
みゆきちゃん、こんにちは…って、れいかちゃんですか!?
つぼみさん、こんにちは。ご無沙汰しています…(ぺこり)
こちらこそ、ご無沙汰しています…(深々とお辞儀)…あ、あの、つかぬ事をお聞きしますが、れいかちゃんも参加されるのでしょうか?
れいかお姉ちゃんに今日の会の事を話したら、わたしも行きます!って言ったから一緒に来たの。
わたしの可愛い妹が迷子になって、悪い人間に連れ去られないようにと護衛も兼ねて来たんですよ。
護衛ですか??みゆきちゃんもプリキュアに変身できるので、別段心配しなくても大丈夫だと思いますが…
そう言えば、この前いつきお姉さんとお話したら、つぼみさんの身の安全を心配していましたよ。
ふわわっ///い、い、いつき姉さんがわたしの心配をしている///(いつき姉さん、ぽわわわ〜ん///)
ん〜?つぼみちゃんお顔が真っ赤だけど大丈夫?
だだだ、大丈夫です…はい。

そこへ、残りのメンバーも走ってやって来ました。

ゴメ〜ン、つぼみちゃんみゆきちゃんお待たせ〜!
いやあ、やっぱり道がわかんなくなっちゃうよねー
そうそう。ラブちゃんと二人で交番にお世話になってようやく来れたんだ…あれ、れいかちゃん?
れいかちゃんも一緒なんだね〜妹のみゆきちゃんとはニコイチだもんね。
うふふ、そうなんですよね(みゆきはどなたにも渡しません…)


みゆきちゃんへの愛は誰より何よりも深いれいかちゃんです。