読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大遅刻のクリスマス会(後半)

却下早!それにしても、相変わらずみゆきはモテモテやなー。
…ん?ぶわぁに〜??
みゆきちゃん、物を食べ終えてから喋ろうね。はい、オレンジジュース。
ごくごく…ぷは〜ありがとうやよいちゃん♪やよいちゃんは良いお嫁さんになれるよね!
それって、みゆきちゃんのお嫁さんにしてくれるの?(ドキドキ)
な!?やよいさん、あなたはまだ諦めていないのデス…(ちょっとちょっと、やよいちゃんにはあかねっていう旦那がいるでしょ!浮気は筋が通ってないよ
コラ、うちも女やから嫁さん言うてや、ってかみゆきは暢気に唐揚げ頬張ってんと、きっちり自分の気持ち言うたってや。
わたしはみんなの事が昔から大好きだよ、でもね、世界で一番愛してるのはれいかちゃん、れいかが隣にいてくれるから勉強も頑張れるし、ずっとず〜っとウルトラハッピーなのです…///
みゆき///わたしも世界で一番みゆきさんを愛してるわ、I love you just the way you are.(わたしはありのままのあなたが大好き)
れいか///Me, too. (わたしも)

甘い空気がわたしとれいかの間に流れると、疑問符を頭に浮かべるあかねちゃん達がいました。

今なんて言ったん??
アイラブユーって言ってたから、れいかちゃんはみゆきちゃんのことが大好きって英語で言ったんだと思うな。
二人だけが通じ合える会話をしてるってすごいな…れいかはこういう時のためにみゆきちゃんに英語を教えてたんでしょ?
さあ、どうかしらね?頑張り屋のみゆきさんだから精一杯応援したくて、隣で教えていたというのが正直なところですよ。
そうか。れいかに出逢えてよかったな、みゆき。
うん、本当にそう思う///…そ、そうだ!アレを開けようよ。
アレとは、このシャンパンかしら?
そうそう、あかねちゃん開けてくれる?
うち?まあええけど…みんな離れてな〜


あかねちゃんにシャンパンを渡して、十分な距離を取った筈だったのに…

ポンッ!コンッ…ガッ!

痛っ!!わーん、コルクがおデコに当たったよぉ…れいか〜(ハグッ)
みゆき、痛かったですね〜よしよし…(頭ナデナデ)
れいかちゃん、お願い…おデコにチュッチュぺろぺろして。
皆さん、しばらくの間ネズミと魔法使いになっていてください、お願いしますね。
なれないから!!×3


その後もワイワイ楽しく過ごし、クリスマス会は賑やかに終わりました。


おしまい。