読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポッキーのパラレル詰め合わせ

ポッキーゲームの詰め合わせ

青木教授と大学生星空さん
れいかせんせ〜い、今日はポッキーの日だからゲームしようよー
ポッキーの日以外には出来ないゲームなのですか?
うんうん、友達がみんなするって言ってたから、わたしも…こ、恋人のれいかちゃんとしたいなぁと思ったの///
うふふ、もちろんいいですよ♡
やったー!じゃあポッキーゲームのルールを簡単に教えるね
ああ、それなら知ってますよ
え!れいかせんせい知ってるの!?
はい、なおから教えてもらった事があるのよ
なおせんせいかぁ…もしかして…
口にポッキーをよりたくさん詰めた方が勝ちというルールですよね?
(ズテン!)やっぱりか〜、それはなおせんせいがたくさん食べたいだけのゲームだからだいぶ違うと思う…
ぇえっ!なんですって!?(ガタブル…)…では、本来はどんなルールなのかしら?
うん///まずわたしが先に一本をくわえて、れいかせんせいがそっちからくわえていくと…
いただきます…んっんっ……ちゅっ♡
って感じです///
何だかとても楽しいわね///もっとしましょう!


ポッキーゲームに熱中した二人は、晩御飯の前にお腹いっぱいになってしまいましたとさ。


青木姉妹
みゆき、みゆき…(そわそわ)
ポッキーゲームはしないよ
ガーン!どうしてですか?あかねさんとは学校できゃっきゃ言って盛り上がっていたではないですか…!
それはそうなんだけど、れいかお姉ちゃんと一回始めるとさ///うー…やっぱ言わない///
そこまで言ったら気になるじゃないですか!わかりました、あかねさん達も御誘いして皆さんでゲームをしましょう
なんでそうなるの〜!わかった、一回だけだよ。絶対に一回きりだからね///
みゆきっ///


結局、一箱分のポッキーゲームを楽しんだ青木姉妹でした。


魔法使いとパートナー
わたしもポッキーゲームをしてみたいな…うーん
みゆきさん、ここに来ていたのですね
うん、魔法ふしぎ図書館ってすごく落ち着くんだよねー、私達の秘密基地だからかな///
そうですね、ですが皆さんも関わってしまっているので、残念ながら二人だけの秘密基地ではないんですよねぇ
でもいいんだ、れいかちゃんと二人きりで魔法を練習する時間が多いし、それに今日は…///
ポッキー?もしかしてみゆきさんはそのポッキーを…
わかっちゃった!いやぁいざとなると照れちゃうな〜///
任せてください…それっ(ポッキーよ長くなりなさい)
な、ながっ!そんなに長いとポッキーゲームなんて出来ないじゃない…(とほほ)
長いポッキーを食べたかったのではないのですか///ぁぅ、ごめんなさい///
いいからいいから、よーし長いポッキーゲームに挑戦するぞ〜!


あまりにも長くしすぎてしまい、二人で端から食べてる途中で疲れた結果、サイズを縮めた魔法使いれいかちゃんでした。