ハロウィンクリームどら焼きを買いに(中編)その2

わあぁあ〜久しぶりだね!それに、みゆきちゃんとれいかちゃんの双子ちゃんも一緒なんだねー!
こんにちは、みゆきちゃんとえっと確か…はるかちゃんとゆきみちゃんだったよね?
何でここにマナちゃんとりっかちゃんが!?と、二人共降りてお母さんのお友達にご挨拶しようね。

お店の前から少し離れた場所に移動して抱っこしていた双子を降ろし、マナちゃんとりっかちゃんに向かい合うように並ばせて立たせた。

こんにちは(ぺこり)わたしは、ほしぞらゆきみともうします、どうぞよろしくおねがいいたします。
…はわわ///ぁ、ぅぅ…こんにちは…(ささっ)
ふふっあたしは相田マナでお隣のお姉さんは相田六花と言います、よろしくね。
あっちょっとはるかったらもう、仕方ないなぁ…ごめんね、この子わたしに似て人見知りなんだよねぇ。
いいのいいの、気にしないでね。

礼儀正しくご挨拶をした幸美はれいかちゃんによく似ているのですが、悠華は人見知りだったわたしに似たようで、自己紹介が上手く出来ずにわたしの足元に隠れてしまうのでした。
(ちなみにマナちゃんとりっかちゃんは、わたしとれいかちゃんと同様に同性婚をしています)


そうだ、何でここにいるのか聞いてなかったけど、もしかしてその持っている手提げ袋は…
うん、りっかに叩き起こされてさ、朝早くからこの町までどら焼きを買いに来たんだ〜ねっ。
叩き起こされてって聞こえが悪いわね…///今日は偶々二人共休みが合ったからマナに一緒に来てもらったのよ、決して乱暴にはしてないからね。
あはは、二人はどら焼きが買えたんだね。
みゆきちゃんは買えなかったの?
うん、残念ながら二人前くらいで完売しちゃったの…
もしよかったら幾つか譲ろうか?
そ、そんな悪いよ、せっかく早起きして買いに来たんだよね?
じゃあ今から一緒にお茶するのはどうかな?双子ちゃんとも遊びたいしさ。
マナ、さすがにうちに来てもらうには少し片付けないといけないわよ。
よかったらうちに来る?れいかちゃんはお仕事に行っていないけど、それでもよければ。
わぁ〜そうしよう!
ではお言葉に甘えて、お邪魔します。

マナおねえさんとりっかおねえさんですね、おぼえました。
おかあさんとおかあさまのおともだち…


双子と手を繋いで歩き、二人を私達の家へ案内しました。