読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたとわたしの、初恋ハートはピンク色(10)

もう!頭ぽんぽんせんといてよ〜てか、何でなおセンセが大学におるん?
学食目当てとかかなぁ?
高校教諭をクビになっちゃったとか?
あははは、学食目当てなのは一理あるかもだけど、あたしは一応七中からこの七大までの卒業生なのと、体育講師の空きができたから縁あって今年からお世話になってるってわけさ。
へぇー、それじゃあ体育実技の授業を取ったらなお先生に教えてもらえるんだね?
まあ授業時間とかの兼ね合いによってじゃないかな?体育の教員はあたしの他にも数人いるしね。
あとでシラバスを見てみなくちゃ。

体育の授業は必須単位として取らないといけないという事なので、なおせんせいの講義はシラバスでチェックしたい所である。


それよりも、みゆきちゃん…好きな人でも出来た?
えっぇえ///そんな、なんで突然そんな話題になるんですか?
ふむふむ図星か、それで相手は?ピーターパンか桃太郎だったりするとか?
さすがにみゆきも大学生までなってピーターパンと桃太郎が好き言わんでしょ。
なお先生違うよ、みゆきちゃんがときめくような王子様の様な素敵なきょう(や、やよいちゃんそんなのと違うから言わないで///
やよいちゃん!?あちゃー、他言無用だったかな。
むぐぐ…

わたしが気になっている相手を、うっかり言ってしまいそうになったやよいちゃんの口に手を当てて塞いだ。

ゴメンゴメン、ついつい直球で聞いてしまったね、軽いノリだから気にしないでね。それじゃ、連れを待たせてるからそろそろ行くね〜!


なおせんせいは私達の席から離れ、元気よく学食の奥に位置する教員達が集まるスペースに歩いて行きました。