読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幼いきみとバッドエンドれいかお姉ちゃん

私達姉妹がまだ少し幼かった頃…
ある日突然、私とハッピーが暮らすバッドエンドふしぎ図書館に押しかけて来た迷惑極まりない三人組がいました。

三人組はそれぞれ一人ずつ訪ねてきては、私達姉妹に喧嘩を売ってくるものですから、私は三者三様に冷気の力で追い払っていましたが諦めが悪い愚か者の様で、スキあらば打ちのめすという名目で勝手気ままにお家に住み着いてしまったのです。


うぇーん、おねえちゃぁあん…ぐずっ、やよいちゃんがからだをピカピカしてくるから痛いよぉ…
またやられたのですか?はぁ、仕方ないですね…顔を洗ってきちんと拭いたらお部屋でおとなしくしていなさい…
うん…わかった…やっぱりおねえちゃんはつよくてやさしいね、えへへっ
早く言う通りに動いてください…(その笑顔が見られるなら、私は何だって出来るのです…)


バッドエンドピースことやよいさんには、妹を痛めつけたお仕置きとして、頭を冷やして差し上げました。


みゆきさん、あの方々にまた何かされたら直ぐに教えてくださいね…
うん!れいかおねえちゃん。