読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お紅茶をお持ちしました4

りっか〜えへへ♪
今日は随分と機嫌が良いわね、何かいいことでもあったの?
まあね〜ふふふっちょっと待っててね!
何かしら…?またいつものワンコグッズとか出てきたりしたらどうしよう…

わたしは元の体に戻るために、れいかちゃん経由で妖精マジョリンと薬品の調合をしたり、研究を行う為に大量の本を読み漁る日々を過ごしているというのに、マナはわたしとスキンシップを取ることばかりを優先している様子です。

(まあ、普段は人助けばかりしているから、わたしの傍にいる時くらいは安心してリラックスしてくれたら嬉しいのにな…なんて///)


お待たせしました、本日は気分がスッキリするお紅茶をお持ちしました!桃まんもおやつに食べてね。
マナったら、わたしのために///…少しお腹が空いてたから、ありがたく頂く…(PON)わん…
あ〜六花ワンだぁ、ヨシヨシ、ご主人様が紅茶と桃まんを食べさせてあげるねっ♡
わーん!せっかくいい感じで人間に戻っていたのに、タイミング悪いわん…
ささっ紅茶を飲みましょうね、六花ワン♪
ちょっと、口移しは待つわ…ンッ///


ふしぎ図書館の秘密基地では、今日も楽しく仲良しにスキンシップを取るワンコと飼い主さんでした。