読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゆれいパラレル会議室(後編)

マッサージから始めて…モミモミ…(星空家妹れいか)
にゃっ///はにゃ〜ん///
キスして…頬っぺたチュッチュ…(大学生星空さん)
くすぐったいですにゃ〜///
ギュッと抱きしめて…ギュッ♡(みゆき姫)
みゆき姫さんは良い匂いですにゃん♡
皆さんさすがですね〜わたしも負けていられません!天使のラブソングを歌います、ラララ〜♪(天使のれいか)
もうメロメロです…にゃにゃ///


なんだか、れいかにゃんちゃん総受けみたいになっちゃったけど、ご主人様のみゆきちゃんに怒られないといいな…あはははぁ…(大学生みゆき)
この会はとても楽しそうですね、ふふふっ(???)
えっあなたは一体誰…?ん…ふぁああ…急に眠気が…ポテンッ。
ちょっとれいかちゃん、お姉さんをわざわざ眠らせなくてもよかったんじゃないかな?(魔法使いのパートナー)
ほんのご挨拶ですよ、ツッコミ役が寝ている方が皆さんまだまだ素敵な会を楽しめますよね?みゆきさん(魔法使いの道さん)
う、うん、そうだね…〈お姉さんは後で起こしてあげないと〉


あっ!皆さん入り口の方を見てください、誰かいますよ(星空家妹れいか)
本当だ!(ですにゃん!

うふふ、存在がバレてしまいましたね。
もー、全然隠れてないからバレバレだし…この状況どうするの?
私達の正体はまだまだヒ・ミ・ツですから、おさらばしましょう。
はーい、それじゃあみんなバイバ〜イ。
ワープの魔法を…


き、消えました!
何が起こったの?!
お城の外は不思議な事ばかりです…
わ〜魔法使いさんがマジョリンさん以外にいらしたとは驚きました〜!

ZZz…(誰か起こしてよー!というか、わたしが寝てる事すら気づいてないよ〜…わーん)

終わり