少しだけ背伸びをしないとね

今日は、同じ学科で仲良しの奏ちゃんと一緒に、大学から少し歩いた所にあるレストラン街まで、お昼ご飯を食べに行ってきました。


ねぇねぇ、ハンバーグが大好きだって言ったらお子様だと思われちゃうかなぁ?
そうねぇ、この子が好きな物は何でも作ってあげたいわ♡って張り切ると思うけど…そういうの気になるタイプ?
相手は気にならないタイプなんだけどさ、わたし自身は気になるんだよねぇ…


大学構内を歩きながら恋の相談を聞いてもらっています。


まあ、そのままのみゆきちゃんでいいんじゃないかな、背伸びしてもいいことないわよ。
うーん、少し背伸びしないとライバルが大学中にたくさんいるから、届かなくなっちゃう可能性があるの。
ホントに人気があるよねーみゆきちゃんの想い人さん…ぁ、噂してたらご本人が登場ですね〜うふふっ
あっ///

数人の学生を引き連れて歩く青木先生が見えた。


やっぱりいつも誰かを引き連れているわね。
たぶん先生のゼミの学生さん達だよ…挨拶だけして行こっか。


青木先生こんにちは。
みゆ…じゃなくて、星空さんこんにちは。
こんにちは青木先生、さっきまでみゆきちゃんとお昼ご飯を食べに行っていたんですよ〜♪
そ、そうだったのですね…
それでは私たちはこれで。


奏ちゃんの隣を歩きつつ、後ろをちらりと覗くと、青木先生も歩きながらこちらを気にして見ている様子でした。



あとで先生にメールしないと、だね。
今晩はハンバーグが食べたいなぁ…それと、れいかちゃんが大好きだよってね。