今日もわたしは⑤

****

やよいちゃんおはよ〜
おはよう、みゆきちゃん。
んんーっ?やよいちゃん今日はどうかしたの…?
どうもしてないけど、どこか変かな?
だって、ねっね、れいかお姉ちゃん。
おはようございます、やよい。そうねぇ、もしかして熱でもあるのかしら…?


突然、れいかちゃんが自身とわたしの前髪をあげておでこをコツンと合わせて来た為、頭がパニックを起こし、あわあわと慌てるように飛び退いてしまいました。


レレレ…れい…かちゃんこそいきなりおでこを合わせるなんて///
れいかちゃん??いつもはれいかと呼んでくれるのに、おかしなやよいですね。
そうだよ、わたしの事もみゆきって呼んでくれるのになぁ。


目の前の二人はいつもの仲良し青木姉妹の筈なのに、いつもと変わって違うのはわたしの方という事は此処は…


やよい、私たちは幼なじみなんですから、気楽に呼び捨てしてもいいんですよ。
えっと、れ…れれ…ぅぅ〜(いきなり呼び捨てなんて出来ないよぉ〜、でも折角呼び捨てしてもいいよって言われてるから…)


れい…か///


****

はい、やよいさん、呼びましたか?
ブワッ!ほほ本物のれいかちゃんが…///
ぼーっとして真っ白なノートをずっと眺めていらしたので、気になって声を掛けたのですが…
ぁ、その、ゴメンね…れいかちゃんの事が気になって勉強が手につかなかったの…


半分は本当のことだから、いいよね…