読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もわたしは②

ふぅ〜何とか間に合ったみたい。
なおちゃんおぶってもらってゴメンね、もう降りて歩くよ。
待って、すぐしゃがむから…よしっ大丈夫だよ。
ありがとう♪
うん。


何と、教室に入ってきたなおちゃんは、みゆきちゃんを背中におんぶしてあげていた様子で、みゆきちゃんを降ろした後に額の汗をハンカチで拭っていました。


みゆき、なおにおぶってもらうなんて登校中に何かあったの?
れいかお姉ちゃんおはよう〜いやぁちょっとね、遅刻しそうだったからダッシュしてたんだけど…
部活が終わって着替えてからグランドの片付けチェックに行ったら、みゆきが壮大に転んで膝を抱えて困ってたから、教室まで背負ってきたんだよ。


席に座ったまま教室の後ろに振り返ると、れいかちゃんが二人にすぐに駆け寄り、みゆきちゃんの足元に片膝をついて様子を確認しているのが見えた。


転んで膝を抱えてたって事は…!ちょっと、膝を擦りむいて血が流れてるじゃないですか?!なお、どうしてすぐに保健室に連れて行かなかったの?

普段、穏やかなれいかちゃんにしては珍しく剣幕でなおちゃんに詰め寄っています。

れいか、落ち着いてってば。
お姉ちゃん、二人共遅刻するといけないから、わたしがなおちゃんに早く教室に行こうって言ったんだよ。
そんな痛々しい怪我をしているのに、遅刻や欠席などを気にするよりも先に治療を優先すべきです!あぁ、わたしの大事な愛するみゆきの膝にバイ菌など入ってしまっては…いけません、早く保健室に行きますよ!
お姉ちゃんっあわわ///何でお姫様抱っこなの!?
それは、みゆきがわたしのお姫様だからなのです。なお、私の代わりに宿題のノートを集めて先生に提出をお願いしますね。
はいはい、わかりました。