今日もわたしは①

今日もわたしは少し早目に登校して、いつものように自分の席に座ってイラストの練習に勤しむ。


クラスメイトも疎らにしか登校していない時間を狙っているというよりも、密かに想いを寄せるあの子と話す機会があればいいな…なんて、仲良しな友達なんだから本人に直接話しかけに行けばいいのに、わたしはなかなか行動に移せないのだった。


青木さんおはよう〜
おはようございます。
ごめんれいかちゃん!1時間目の宿題ってまだ集めないよね?
はい、クラスの皆さんが登校完了した後に集めようと思っていますよ。
ありがとう!
どういたしまして。


クラスメイトと会話を交わした後、わたしの姿を見つけたれいかちゃんはいそいそとわたしの席まで歩いて来てくれました。

やよいさん、おはようございます。今朝も早く登校されていたのですね。
れいかちゃんおはよう♪うん、みんなまだいない時間の方がイラストを練習したりできるからね。
なるほど、イラストの練習の他にも何かなされているのですか?
えっ///ぁ…はは、残ってる宿題とかかな。
やよいさんは宿題を終わらせているので偉いですよね、わたしの妹もやよいさんを見習って頂かなくてはいけないですね…
そんな、みゆきちゃんにはれいかちゃんが付いてるんだから、見習うならお姉ちゃんの方がいいと思うよ。


そうでしょうか?と、頭にクエスチョンマークを浮かべて思考中のれいかちゃんと会話がほんの少しできるだけでもわたしは嬉しくなります。

それから会話を終えたれいかちゃんは自分の席に着き、その直後に登校してきたあかねちゃんと談笑を始めていた。


今日もみゆきは遅刻ぎりぎりなん?
ええ、わたしは花壇の水やりで先に来ていますし、みゆきの寝顔をしばらくの間眺めてから登校しています。
あー…寝顔を眺めてんと、ちゃんと起こしてあげなあかんやん。
あかねさん、わたしにはあの可愛らしい愛しい寝顔を眺められる絶好のチャンスをみすみす逃す事は出来ません!
あんたが妹みゆきを駄目人間にしとる張本人か!
そそ…そんなことはありませんです〜
誤魔化してもバレバレやで〜


れいかちゃんがあかねちゃんと談笑している間に、なおちゃんと会話の重要人物が慌てるように教室に入ってきました。