幼馴染と友達と恋人と年越し年明け会⑧

…みゆき、起きたのね。
れいかちゃんは、お布団で横になっているわたしの頭を撫で、前髪を横に流して汗ばむ額をタオルで拭ってくれます。

うん、どれくらい寝てた?
五時間くらいよ。
そんなに経ったの…!19時過ぎくらいにコタツでテレビを見てたけど…もう年越しちゃったんだね。
皆さんはお鍋と年越しそばを食べた後、お母様同伴で初詣でに行きましたよ。
んー?れいかちゃんはみんなと一緒に行かなかったの?
はい、みゆきを一人置いていくなんて嫌ですし、それに目が覚めたら一人だと寂しいと思ったから…
ふぅ〜///れいかちゃんは昔から過保護なんだもん、風邪をうつしたくないのに困っちゃうよ。
大丈夫、バッチリとマスクをしていますし、手洗いうがいは怠りませんから!

れいかちゃんが手を握ってくれます。


あけましておめでとうのちゅーはお預けだね…
あら、御所望でしたらキスしてあげるわよ。
ダメだよーマスクして予防してる意味が無くなっちゃうじゃない。
今すぐ体を合わせてその唇を奪ってしまいたいのに…
れいかちゃんのえっち///


風邪を引いてしまい、みかんを一つ食べただけで年越しちゃったけど、れいかちゃんと繋いだ手と大好きな優しい笑顔が見れたら、寂しさなんてどこかへ飛んで行っちゃうんだから、もう少しこのまま甘えていようと思います。