読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幼馴染と友達と恋人と年越し年明け会③

失礼しますね。れいか、そろそろ次の準備を進めてください。
お母様…はい、わかりました。みゆき、また顔を出すわね。
うん。

れいかちゃんが部屋から出ていく姿を見送ると、れいかちゃんのお母さんが優しく声を掛けてくれました。

れいかはみゆきちゃんの事が相当心配なんですよねぇ、だからわたしにも怒りっぽくなっているわ。
ゴメンなさい、わたしやっぱりおとなしくお家に帰りますね。
クスクス、れいかが怒りっぽくなっている原因はヤキモチだと思うから、安心してうちに居てくださいね。それに、みゆきちゃんが帰ってしまうとあの子が寂しがるから…


ごほん、お母様も台所に来て下さい///
はい、今行きます〜あっみかん置いておくから自由に食べてね。ごゆっくりどうぞ。
おばちゃんありがとう。


コタツでみかんは最高の組み合わせだよねぇ。

れいかちゃんのお母さんが部屋から出ると、わたしはみかんを一個持って剥き始めました。