羊羹を片手に、大好きなその手を繋いで(後編)

のぞみ〜シュークリームを買ってくれてありがとうココ♪
いえいえ、わたしも食べたかったからね〜そうだ!ナッツハウスでゆっくりお茶しながらシュークリームを食べよぉ〜!けって〜い!


あら、のぞみさんがココさんを抱っこしながら、お店の前を通りましたね。
…シクシク…わたしもみゆきさんと一緒にナッツハウスでお茶したいです…
れいかさん、わたしの試作品で作った羊羹でよければ食べきれない程あるんだけど、みゆきさんと一緒に食べてくださらないかしら?
よ、よろしいのですか…?
もちろん、今からちょっと持って来るから待っててくださいね。
はい〜


(和菓子屋さんは日本文化が感じられますし、良いですよね〜わたしの夢は将来みゆきさんのお嫁さんになって、子育てしながらこまちさんの和菓子屋さんで使ってもらうというのも…///)


ゴホン、それではこの後急いでお使いを済ませて、こまちさんに頂いた羊羹をみゆきさんと一緒にナッツハウスで食べますよぉー!
ウルトラハッピーでけって〜い!
みゆきさん!?とてもびっくりしましたが、お逢いしたいと思ってました♡
れいかちゃんに呼ばれたような気がして、飛んできちゃった♡
わぁ〜嬉しいです///


羊羹の袋を片手に持ち、みゆきさんと手を繋いでお使いの用事を済ませに歩き出しました。

おしまい。