読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロウィン短編その2

ハロウィン

青木教授と大学生星空さん
れいかせんせ〜い、トリックオアトリート♡
はい、トリックプリーズ♡
…えっ??今なんて言ったの?
んー…イタズラしてください♡と言ったのよ♪
キャーキャー///れいかせんせいのえっち〜!
はい、それでは…よろしいですね。今宵は特別補講を行います…みゆきさんどうぞ♡
うーん、特別補講って難しいなぁ…(とりあえず、せんせいのおっぱいをモミモミしてチュッチュしてあげよっと)


星空姉妹
気をつけて行ってらっしゃい。
はーい、おかあさんいってきます×2

今日はご近所の子ども会のハロウィンイベントで、わたしとみゆき姉さんは手を繋いでご近所のお家を廻り始めました。

(ドキドキ…)れ…れいかちゃん、やっぱりおうちかえろう?
みゆきおねえちゃん、まだいっけんもまわってないですよ。
だってぇ…ううっ///
だいじょうぶ、てをつないでげんきいっぱいごあいさつしたら、うるとらはっぴーになれますよ♪
れいかちゃん///うん、じゃあぴんぽんするね。

チャイムを鳴らすとお隣の家の人が和かに出てきて、わたしとみゆき姉さんを歓迎してくださいました。


せーのっ、とりっくおあとりーと〜×2
はい、よく言えました♪お菓子をどうぞ。
わぁああ〜♪ありがとうございます(ぺこり)
ぁ…ありがとう///(コソコソ…モジモジ///)
どう致しまして。


ハロウィンイベントも、みゆき姉さんとの大事な思い出の一ページです。