読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

極ゴクパニックプリンセス(前編)

状態は全く変わりがないですか?……わかりました、王子が御帰りになる前までに何とかしないといけないですね。


お城では人々が忙しなく行き交い、大事になる前に急いで医者を呼ぶ声が響いていました。


姫様のご容態は?
呼吸はきちんとしていますが一切目覚める兆しが見られません。
そうですか…お医者様はまだ来ないのですか?
早急に名医を呼んでおりますので、もうしばらくお待ちくださいませ。


みゆき姫様のお世話係の侍女達の方が落ち着いてる様子なので、自分一人だけがあくせくしているみたいで、溜息が零れてしまいます。


はぁ…
(何故こんなことになってしまったのか見当もつかないけど、早く目覚めて頂かないことにはどうにも事が深刻になってしまうな…)

王子が他国への謁見中で本当によかった…まだしばらくは御帰りにはなられないだろう…


ガチャ…

なお、御勤めご苦労様です。ところで、城内が妙に騒がしいのですが何か問題でも起こっているのですか?
れれ、れいか王子?!お帰りなさいませ、随分とお早めに帰られましたね…
あはは、それはですね///朝方に少し寂しそうな縋る様なお顔で見送ってくれたみゆき姫が気になってしまったので、早々と用事を済ませて帰ってきたのですよ。ん?ベッドで寝ているのはみゆき姫ですよね…


王子は姫様が眠るキングサイズのベッドに腰掛けて、愛しそうな瞳を向け、優しく頭を撫でています。
みゆき姫、気持ち良さそうな寝顔がとっても可愛いです///(うっとり)

おおお、王子っ!みゆき姫様はお疲れのご様子でして、しばらくお休みさせてくださいと言っていました…
どうしてそんなに焦って報告をするのです?変ななおですね…それではしばらく寝かせてあげましょうか。


みゆき姫…愛してますよ…ゆっくりお休みなさい。