読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二人仲良くミニ四駆を始めてみました

お姉ちゃんには負けないんだからねーっ!
こちらこそ負けませんから!


私たちが何を競い合っているのかというと、小さなボディーでスイスイと爽快に走るミニ四駆であります。

そもそもこの遊びにハマるきっかけとなったのは、二人の共通の親友であるやよいちゃんから激しくオススメされたことでした。
「すっごく楽しいから、二人とも始めてみてね♪絶対だよ!出来たら三人で走らせに行こうね」

お姉ちゃんと一緒にお店に行ってみると、様々な形のマシンが売っていた事に驚き、実際にそのマシンをコースで走らせている姿を見学した私たち姉妹はうっすらと興味を持ち始めていて、自分達も1台だけ作ってみることに決め、それぞれに好きな形とカラーを買って帰りました。


随分とパーツが細かく出来ているのですね。これは無くさないように気をつけて扱わなくてはいけないですね。
痛いっ…カッターで指が切れちゃったよぉ…
みゆき!大丈夫ですか?血を拭いて絆創膏を貼りましょうね。
うん、れいかお姉ちゃんありがとう。
いえいえ、どう致しまして。


そんなこんなでわたしとお姉ちゃんは、あくせくしながらもそれぞれにミニ四駆を完成させるのであった。


ジャジャーン、わたしはキラキラ輝く未来の光をまとったピンクカラーのミニ四駆が完成したよ〜!

はい、わたしはしんしんと降り積もる清き心を託したブルーカラーミニ四駆が出来ました。


よーし、じゃあさっそく競争させに行こうか。
どこで走らせるのか知っているのかしら?
えっ、あっ…そういえば詳しいことも何も知らないよね…
そうねぇ、今日は二人が作ったマシンを鑑賞するだけで終わらせて、休み明けにでもやよいさんに詳しく教えていただきましょうか。
うんうん、そうしよ〜


爆走姉妹みゆ&れいが始まるよ♡


というお話でした。