それぞれの夏休み最終日②

8月31日

悪魔と天使
れいかちゃんできた〜?
まだです〜(汗)
わたしも手伝おうか?
だ、大丈夫だと思います…たぶん…


学校では成績優秀のれいかちゃんが唯一最終日まで残してしまった宿題がありまして、それは美術の自由工作課題でした。
わたしは一応不器用ながらにも、夏休み初旬には終わらせていたので、今は残りの数学の問題集をしている所です。


みゆきさんは今年は終わりそうでよかったですね…(黙々)
だってそれは、人間のれいかちゃんがわたしのお尻を毎日叩いて宿題しましょうって叱咤してくれたからできたんだよ。
むっ、その人間さんはみゆきさんのお尻を叩くだなんて酷いことをしますねぇ…(ぷくーっプンプン!)
あははは、れいかちゃんがポンポン叩いてたんだよ。
あ…そうでしたね、失礼しました〜(汗だく)
今年はれいかちゃんに発破をかけてもらえたから、補習なんてしなくてよさそうで、ウルトラハッピーだぁ♪
わたしはいつ、みゆきさんに葉っぱをかけたのでしょうか…?
草の葉っぱじゃなくて、強く励ます方の発破だからね。
葉っハッハッ…ハクチョンっ!!


ブワッ!!!パラパラパラパラ…


あぁああっ…天使の羽で作ったお家の模型の屋根が吹き飛んでしまいましたぁ…(ガーン…)
ああぁ、ぁぅぁぅ…ごめんね。
みゆきさん…
…なぁに?
わたしのお尻を叩いて発破をかけてくださいませんか?(うるうる眼)
え、えっ///れいかちゃんのお尻を叩くなんて申し訳ないというか、恥ずかしいよ///
お願いします…みゆきさん…んっ
ん…んん…///わかったよ、じゃあ叩くからね///
はいっ♡


次の日無事にわたしとれいかちゃんの愛が篭った天使の羽ハウスの模型を学校に持って行きましたとさ。