抱きかかえてくれる優しい人

はぅぅ…痛いっ!み、みゆきさぁん…痛いです〜うぇええん…
れいかちゃん!
れいか!


躓いてから這い上がりなんとか座り込むと、鼻をぶつけて鼻血が零れているのが見え、またやってしまったと思うと大粒の涙が頬を伝い流れ落ちていました。

そして、すぐに駆け寄って来てくれたのは、世界で一番大好きな貴女でした。


れいかちゃん、タオルがあるからこれを鼻にあてて押さえてね。
みゆぎざん…ごめんなざい…うぅぅ…
いいから、背中をわたしに倒していいよ。
こくんっと頷き、座るみゆきさんに甘えるように背中を預けました。


(みゆきさんはこんなドジで駄目なわたしを見捨てないでいてくれて…本当に優しい人です)


れいか…はぁー……あれ?この小瓶は何だろう?


見つけたマジョーっ!!


へっ?
その声は…
マジョリン!?


やっぱりいつも通り、プリキュアが拾ってくれてたマジョ…よかったマジョ♪