読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイスを買いに行こう

おにいちゃんアイスいっぱいうってるね〜
そうッスね、やよいはどれが欲しい?
ううー…わたしはおにいちゃんとおなじものがいいなぁ♪
そっかそっか、じゃあお兄ちゃんはガジガジくんをいっぱい買うッスよ!やっぱり暑い夏はこれが美味しいッス♪
わぁ〜しゅるいもいっぱいあるね。
全種類制覇してみせるッス!
おおーっ!!

お兄ちゃんとガジガジくんをカゴに入れていると、わたしと同い年くらいの二人の女の子がお母さんと手を繋いで店内に入って来ました。


おかあさん、アイスかってもいい?
そうね、今日は蒸し暑いから三人で食べましょう♪
わぁ〜い、みゆきおねえちゃん!アイスをいっしょにえらびましょう。
れいかちゃんがほしいものをとってあげるからおしえてね。
はい♪


やよい?アイスが溶けるから早くレジで会計するッスよ。
ぁ、うん。

お兄ちゃんと手を繋いでレジに向かうと二組ほど並んでいて、最後尾にお兄ちゃんと一緒に並びました。
それからすぐに私たちの後ろに先ほどの姉妹とお母さんがやって来ました。


マルチパックはお父さんが帰ってきたら皆で食べようね。
うん♪れいかちゃん、このカフェオーレフラッペたのしみだね!
モミモミはわたしがしてもいいですか?
いいよー、じゃあわたしがボタンをおすね。
お腹がポンポンしないように、みゆきとれいかは二人で一つよ。
おかあさんはひとつたべてもポンポンしないの?
わたしは大人ですからね♪
おとなになったらみゆきおねえちゃんとたべさせっこしたいな〜


カフェオーレフラッペかぁ…おいしそうだね。
ん?やよいはあの子達が持ってるアイスのコーヒーが食べたいんスか?
うー…おにいちゃんがガジガジくんがすきだから、わたしもガジガジくんをたべたいもん。
ふふっ、コーヒーのやつはまた今度買いに来ような。
うん!


今ではすっかり忘れてますが、小さい頃にわたしとお兄ちゃんは、星空姉妹と遭遇していたみたいでした。

おわり。