お二人は正座して下さいね♪(前編)※注意

※際どい表現有りの為、閲覧注意をお願いします。


昼前に家の掃除を済ませて、おやつにみんなで食べるポンポンリングを軽い足取りで買いに行き、お昼過ぎから遊びに来るあかねちゃんとやよいちゃんを待っていました。

ピンポーン!

はいは〜い。

ガチャッ…待ってたよ、あかねちゃんとやよいちゃん!
みゆき〜遊びに来たで♪
こんにちはみゆきちゃん、これを…よかったらつまらないものですがどうぞ。
わざわざ申し訳ないね、ありがたく頂くよ。


ん?今日はれいかはおらんの?
れいかは実家に帰宅中だよ。
えー!それってもしかして…破局へのびょうよみ(こら、縁起でもないこと言うたあかんやろ!
違う違う、淳之介お兄ちゃんのお見合いの付き添いに一緒に来て欲しいってお母さんから頼まれたらしくて、昨日の夕方から帰宅してるんだよ。
へぇー、なるほどな、それは明るく見送るしかないって感じやな。
ねぇねぇ、そのお見合い相手の子がれいかちゃんに惚れちゃったりしたらどうする?イタッ…あかねちゃんなんでチョップしたのー?
あほ、みゆきを不安にさせてどうすんねん。
まあまあ二人共、わたしはれいかの帰る家がここだと分かってるから特別心配はしてないよ。


立ち話を早々と終わらせて、二人にはリビングに入って座ってもらうと、ジュースとポンポンリングをキッチンで用意してリビングのテーブルに置きました。
数時間程三人でテーブルゲームなどで遊んでいたところ…


あれ?みゆきちゃんは寝転んで眠っちゃったみたいだね。
なぁやよい…みゆきは特別心配してない言うとったけど、ホンマは昨晩はよう寝られんかったと思うわ…もしもそのお見合いが兄ちゃんの方や無くてれいかの方やったらって考えたりしたら不安になるやろうし…
うん、わたしもそれは思ったよ…でも、みゆきちゃんは普段通り明るく振舞ってくれてるから大丈夫かなっとは思うけど。

やよい…キスしてもええか…?
あ、あかねちゃん///急に何言い出すの…ぁ///んっ…
ん…やよい…

部屋の主人が寝息を立てている横で、あかねがやよいの上着の下から手を入れて、膨らみを愛撫しながら濃厚な口付けを交わしています。

やぁあ///ここじゃ…ダメだよぉ…あぁっ///
やよい…声抑えんと、みゆきが起きてまうから…

あっ…///んっ…あかねちゃんっ…
気持ちええんか…?
き、気持ちイイよ…///

二人の行為は段々エスカレートしていき、部屋には小さな喘ぎ声と二人の息遣いだけが密やかに伝わっていました。


どれくらい時間が経ったのか誰も気にしていなかった所に、ガチャッとリビングの扉が開く音が聞こえてきました。