青いハンカチと運命の出逢いに導かれて(10)

ところでみゆきちゃん、その青いハンカチのお姉さんって何してる人なの?
せや、大学の関係者っちゅうことは間違いないんやろ?
うん、それがね、わたしの学科専任の教授だったの。

・・・はい?今なんて言ったん?

(あかねちゃんは耳が遠くなってしまったのかな?)
だから〜専任の教授だってば。
みゆきちゃん…それってもしかして入学式の壇上で挨拶した青木れいか教授じゃないよね?
うん、青木れいか教授だよ、綺麗なお姉さんだよねぇ♡

わたしが青木教授をぽやぽやと思い浮かべている間に、二人はコソコソと内緒話をし始めていました。


さすが絵本や童話に出てくるお姫さまに憧れてるだけはあるな…みゆき理想の白馬の王子様が現れたんか…
相手は大学一の人気美人教授で競争率が相当だって噂をついさっき聞いたばかりだよ…
まずその前に、鈍感天然純情タイプのみゆきが相手に恋してるんかどうか気づくかどうかが微妙やん、せやから今回も成立せん方に賭けるわ…
それはどうかな…みゆきちゃんが超鈍感な子でも、相手がみゆきちゃんにどうしようもないくらい惚れたりしたら成立するかもしれないよ、わたしは成立するに賭けてもいいよ…
ほ〜う…てか、やよいは自分の同人誌のネタにしたいだけやろ…
そんなことは…


ねぇねぇ、何の話してるの〜?わたしも混ぜてよ〜
みゆきちゃん!
は、はい!急にどうしたのやよいちゃん?