青いハンカチと運命の出逢いに導かれて❾

学食に入って行くと、カフェテリア方式のレストラン風に設計されていて、オシャレな学食だと圧倒されてしまいました。

テーブルのそばをキョロキョロしながら歩いていると、みゆき〜こっちやこっち〜!!とわたしを呼ぶあかねちゃんの声が奥の方から聞こえたので見ると、やよいちゃんと共に手を振ってくれていました。


ゴメンお待たせ〜
大丈夫、わたしとあかねちゃんも今合流したところなんだよ。
せやで、まあ無事に揃ったからさっそく初学食を食べようや。
賛成!!×2

それぞれカフェテリアから食べたいメニューを買ってきて、席に持ち寄りました。


わたしはたらこスパゲッティにしたよ。
わたしは学生女子定食だよ。
うちはもちろんお好み焼きや!
あかねちゃんの実家ってお好み焼き屋さんでしょ?
せやで。
わざわざ学食で食べる必要性が無い気がするけど…
うちが四年間お世話になる学食やで、お好み焼きの味が悪かったら通う気が薄れてまうやん。
そうなんだ、それは大事だね。
普通に考えて、大学の学食が本職のお好み焼き屋さんにはまず敵わないと思うんだけどな…
それもそやな…まあええわ、お腹ペコペコやから頂きますやで。
頂きま〜す×2


談笑しながら食事をしていますが、二人にお姉さんと再会できた事を報告しようと思い、ちょっといいかな?と真剣な声でお話に割り込みました。

改まってどないしたん?
もしかして恋話かな?(ワクワク)
あのね///この前入学式の時に青いハンカチを渡してくれたお姉さんが見つかったの…(ドキドキ)
なんやて?!ずいぶん簡単に見つかったもんやなぁ。
それでそれで、そのお姉さんとはどうなったの?告白した?もしかしてもうキスとかしてたりして〜(キャーキャー!これは良い百合同人誌が描ける予感がするよ〜)
ぇ…やよいちゃん、こここ告白ってそんなんじゃないよ///お姉さんもわたしも女の子だし、キスなんて…///ぅぅー
コラやよい、このお子ちゃま鈍感天然お嬢がそう簡単に相手見つけるわけないやん。
あかねちゃんひどーい、わたしもう大学生だしお子ちゃまじゃないもん…はっぷっぷー

わたしがむくれると、あかねちゃんが苦笑いしながらすまんすまんと謝ってくれました。


(お姉さんとはまだきちんとお話したことも無いし、告白って好きな人ができた時にするんだよね…?そもそもわたしと青木教授は女の子同士だし…って何でお姉さんの事ばかり考えてしまうんだろう?)