無人島に一つだけ(王女王子様の場合

無人島に一つだけしか持っていけません、あなたは何を持って行きますか?


それはもちろん決まっています、愛する嫁のみゆき姫です!
わたしも愛する旦那様のれいか王子様です///
お二方、お言葉ですが、王太子王太子妃としての御勤めがございます故に、無人島での滞在日数はほぼ取れないと御考えになってください
あなたってホントに夢もロマンも無いのね、れいか様とみゆき様はもしものお話をしているのですから、現実的な話で割り込まないでください!
夢とロマンがどれだけあろうとそれだけでは生活など出来ないですから、食べていくには現実的な考えで生きるべきでしょう…
むかっ!わたしは夢もロマンも大事だと思ってるんですから、否定しないでよね!…ぅぅ…ぐすん
わわっ、やよいちゃん、泣かないでよぉ〜よしよし大丈夫だからね
なお…あなたって人はいつも…
はぁ…やよいさん、申し訳ありませんでした…あなたを泣かせるつもりで言ったのではなく、王子とみゆき姫様のことを考えて言ったことなので、どうか泣き止んでくれませんか?(頭を撫でる)
///そ、そんな急に優しく頭を撫でても許さないんですからね…///(ぷいっ)


みゆき姫、お二人はいつもあんな感じで口喧嘩をしてますよね…
そうですね、もしかして喧嘩するほど…(これはもしかしてロマンス?)
やよいさんは喧嘩するほどなおを忌み嫌っているのですね…それはわたくしにも側近への対応や指導不足などの様々な落ち度があるという…
(あわわ…話を変えないと)…お、王子様!無人島では何をして過ごしましょう?
そうですねぇ、砂浜を手を繋いで散歩をしたり、綺麗なお花を育てたりしたいですね♡


無人島へはわたくしもお二人のお供で着いて行きます
みゆき様の御世話をする侍女も必要ですからわたくしも行きます