私は光りを抱きしめていたい(某レイ/アースより)

光さん?何を食べてらっしゃるのですか?
風ちゃん、これはアイスだよ♪私の大好物なんだ。
まあ、そうでしたか、何味なのでしょうか?
風ちゃんも食べてみる?
よろしいのですか?
うん、はい、あーん♪
ふふふっ食べさせてくださるのですね、それでは…

風が口をそっと開くと、光はアイスを掬ったスプーンを風の口に持っていき食べさせてあげた。


これは…抹茶アイスですね!きな粉の黒蜜入りといった所ですわね。
さすが風ちゃんだ、一口で正解を当てたよ。
いえいえ、私は抹茶がお好きですので偶々だと思いますよ。

少し思案顔の光に、ニコニコと微笑む風が寄り添うように座っている。


じゃあさ、美味しいアイスクリーム屋さん知ってるから、今度よかったら一緒に行かないか?
あらあら、デートのお誘いをしてくださるのでしょうか?
で、デートって///そんな大した事じゃないんだけど///もしかして…嫌だった?
いいえ、とっても光栄ですわ。私でよろしいのでしたら是非よろしくお願いします。
わ〜ありがとう!風ちゃんの雰囲気に合うお店だから、楽しみにしててね。
はい、わかりました。ところで…海さんはお誘いされないのですか?
あっ、海ちゃんにも声を掛け…うーん…ねぇ風ちゃん、デートって言ったらさ、二人きりがいいんだよね?
そうですねぇ…


瞳を閉じて考え込む風に、心配気な顔で覗き込む光。
光が顔を近づけて来てるのを察すると、風はそっと瞳を開き、光の唇に自身を重ねてから再び瞳を閉じて光の柔らかさをしばらく堪能すると…


ん…あれ…唇が///ふふ風ちゃん!?いきなりどうしてキス…わあぁ///恥ずかしいよ〜
光さんの唇の柔らかさと抹茶の味が合わさり、とても美味しかったですわ♡
風ちゃんってばぁ///もう…///
光さんの大切な唇を奪ってしまいました責任をきちんと取り、光さんを生涯愛していきますので、許してくださいますか?
むむう…じゃあ、二人きりでデートしてくれるかい?
もちろんですわ、光さん♡
あぁ///海ちゃんには絶対に言えないよこれは…///


真っ赤な顔で悩まし気に風に抱きつく光と、嬉しそうに満面の笑みを浮かべながら光を抱きしめる風が座っていましたとさ。