読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャンとお城で大冒険♪(10)

みゆき姫にスマイルパクトを持たせて、プリキュアスマイルチャージと叫ぶんだよっと教えるみゆきちゃんと、わかりました!とハキハキと応えるみゆき姫。


スマイルパクトを開き、ピンクのリボンデコルをはめて、プリキュアスマイルチャージ!と、みゆき姫が叫ぶと…

何と信じられないことに、光に包まれたその中からキュアハッピーに変身をしたみゆき姫が現れたのです。


わあぁ〜すごいです、王子様みてください、わたしプリキュアに変身出来ましたよ〜♪
なんと!
ええっ!!なんでどうして変身が出来たの?!
同じ人物と判断した…ということですよね。これはスマイルパクトを分解して研究解析することを考えなくては…もちろん壊さない程度に。


みゆき姫!とっても可愛いです♡抱きしめても宜しいですか?
えへへっもちろん宜しいです///…あっそうだ!れいか王子様もご一緒に変身してみませんか?
わ、わたしはその…恥ずかしいので遠慮しておきます///
王子様ならどんなお姿でもお似合いになられると思いますよ♡
ありがとうございます///


結局れいか王子様はどうしても恥ずかしいと言って、お試し変身をご辞退されました。
その代わり、キュアハッピーとなったみゆき姫と庭園をお散歩したり抱っこしてもらったりと存分にお楽しみになったようです。


そうこうしているうちに結構な時間が経ってしまい、御食事の準備が出来たと知らせる従者が、四人が居る場所に近づいて来ました。

れいか王子、みゆき姫様、御食事のお時間になりましたので、城内までお戻りくださいませ。


王子様大変です、なおさんがこちらに向かって歩いて来ていますよ。
わたしが上手いこと言いくるめますから、みゆき姫はお二人をこの休憩所裏側の通路への道案内をお願いします。
わかりました、では行きましょう。
あ、あの、れいか王子様…
はい、何か?
お姫様のわたしをどうかよろしくお願いします。
はい、もちろんですよ。

爽やかな笑顔で手を振る王子様と急ぎ足でみゆき姫の後を追うみゆきちゃんです。