読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャンとお城で大冒険♪⑻

ふにゃ〜…ミー?ミャーミャー!(ふ〜スッキリしたよ〜…あれれ?れいかママのにおいがする!)

花畑横の砂場から離れたミィちゃんは庭園の入り口に向けて走り出しました。


ああっ!れいかちゃん、ミィちゃんがこっちに向かって来ているワン!
ミィちゃん…わたしのミィちゃんだわ!
ミーミー!(ママ〜わたしのママだー!)

ミィちゃんはれいかママの胸元にジャンプして抱きつき、れいかママはキュッと抱きしめて瞳を濡らしています。


ああ、ミィちゃんだわ…うぅ…見つかってよかった…学校から帰ってきたらどこにもいなくて…たくさん探し回ったのよ。
れいかちゃん、よかったね!これで一安心だワン♪


そこにれいか王子様とみゆき姫が駆けつけてきて吃驚する四人です。

あなた方は一体…ぇ、みゆき姫…犬人間ですか?
まあ、れいか王子様にそっくりな子もいます!
あわわわ…わたしがお姫様コスしてるワン…
まさか、ここはまた違う次元の世界に来てしまったのね…

あなた方がその猫ちゃんの飼い主さんでしょうか?
ブルブル…はぅ〜れいかちゃんの王子様姿がすっごくかっこいいワ〜ン!ハグハグ〜
あのっ、えっと、よしよし…これはすごい!犬の耳がふわふわしてて柔らかくて気持ちいいです。

犬耳と尻尾と手が犬化しているみゆきちゃんがれいか王子様に抱きついて尻尾をフリフリしています。

みゆき!その姿から早く戻らないと…ぁ///
とても可愛らしい姿をしているれいか様ですね、ふふっ♪
お姫様のみゆき///とても美しいです…///

ミィちゃんを抱えるれいかちゃんは優しく微笑むみゆき姫に惚れ惚れしながらうっとりと見つめています。


立ち話も何ですから、庭園の中に休憩スペースがありますのでそちらに参りましょう。
は、はい…ワン!
みゆき、そろそろ犬デコルの解除をしてください。
ああっ、そうだったワン、よし…解除っと。
わわっ犬の姿から人間の姿に戻りましたっ!わたしに似たあなたはマジシャンなのですか?
えーっとですね…話せば長くなってしまうのですが…
ひとまずここはあのもう一人のわたしについて行きましょう。


オシャレなカフェテーブルとイスが設置してある屋根付きのスペースにやって来た四人と一匹はそれぞれに着席して向き合いました。