読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

危険なチョコレートのお返しをしましょう!後編(悪魔と天使)

バレンタインのお返しにやって来た天使れいかちゃんの続き↓

あの、先日はチョコレートマフィンを頂きまして、本日はそのお返しに参りました。
えーっと…体の調子は大丈夫だった?
あの…それはですね…
みゆきはどうして体調を心配しているの?
マフィンが生焼けだったみたいで…ごめんなさい。
生焼けだったのですか!実は…腹痛と謎の爆発で、天使の体で丸二日程寝込んでしまいまして…原因を突き止めて今後の食生活を気をつけたく思っているのですが…


申し訳ございませんでした!×2
あの、その(あわあわ)土下座などなさらなくてもいいのですよ。


青木姉妹さんはガタガタ震えながら何度もペコペコと頭を下げております。


こちらも一つお尋ねしますが、みゆきさん、リキュールは何か入れましたか?
リキュール??あぁ、そういえば戸棚に入ってたお酒を香り付けの為にちょっぴり入れたよ。
ラム酒かブランデーをやはり使用されていたのですね?!
戸棚に入っているお酒…みゆき、貴女はまさかスピリタスを入れたとかではないですよね?
えーっと…英語が読めなかったから、適当に入れたんだけど…もしかしていけないお酒だったのかな…?


…原因が判明しました。



スピリタスというウォッカはアルコール度数世界最高のお酒です。
確か95度でしたよね?
はい、そうですね。どうしてそのような強いお酒を戸棚に入れていたのでしょうか?
家庭用の消毒薬として戸棚に常備してあった物だけど…まさか香り付けのブランデーやラム酒に間違えるとは…
ううっ…ごめんなさい…そんな危ないお酒がこの世に存在するなんて、絵本にもどの本にも書いてないから知らなかったよ…
絵本に書いてあったら逆に怖いですよね…


しょんぼりと落ち込む妹みゆきさんに、いそいそと袋から作ってきた物を取り出し、渡しました。


これを食べて元気出してください。
ぁ…これはもしかして…
バレンタインのお返しです、受け取ってくださいますか?

妹みゆきさんはしょんぼり顏から一転して、パア〜ッと輝く笑顔で頷いてくれました。


ありがとう、れいかちゃん大好き!
わたしもみゆきさんが大好きです!


開けてもいいかと聞かれて、どうぞと応えると、ラッピングされた箱を取り出し箱の蓋を開けた所…


お姉ちゃん見て見て〜スゴイよこのチョコレート!!
まあホントにスゴイですね!薔薇の形のチョコレートとは凝ってますねぇ。
本当にすごーい!食べるのが勿体無いくらいの芸術品だね♪

わたしのみゆきさんと同じ感想を言った彼女に、クスクスッと笑みが零れました。


それでは一つ頂きます!

パクッ、もぐもぐ…ううっ…辛いよぉ(涙ポロポロ…)
ええぇー!チョコレートが辛いわけがないでしょ?
…だってこのチョコレート本当に辛いんだよ!嘘だと思うならお姉ちゃんも食べてみなよ。
わかりました、頂きますね…もぐもぐ…(ツーン)確かにわさびのようなツンとくる辛さがありますね…

ま、まさかそんなことは…一つ頂きます。


一つ食べると、本当にわさびのようなツンとくる辛さが、口から鼻にかけて広がりました。


あっ!蓋の裏側に何かメッセージカードが付いてますよ。
どれどれ…えっと、バレンタインチョコのお返し(仕返し)に悪魔の薔薇のチョコをプレゼントします。by悪魔のみゆきより
みゆきさん…そんな、いつの間に…
悪魔のみゆきちゃんらしいよね。
これはなかなか面白い発想ですね、美しい花には棘があり、綺麗なチョコにはわさびありですか。


青木姉妹さんには驚きました。わさび入りのチョコレートを食べても全く怒る様子が無いのですから。

わたしはそのあとすぐにお邪魔しましたと頭を下げて立ち上がり、一歩踏み出した瞬間畳の繋ぎ目に足が引っかかると転んだ拍子に天使の姿に戻ってしまいました。


天使のれいかさん、大丈夫ですか?よかったら薔薇のチョコをお一つどうぞ♪
ど、どうも…パクリ(ツーン)やっぱり辛いです〜…ぅぅ…