ワンにゃんパニック(ダブルデートをしましょう)終

疑問符を浮かべるお二人をそれぞれにエスコートして、すぐ近くに噴水広場がある公園を見つけると、そこまで移動しました。


こんな姿で渡すのはちょっと腑に落ちないんだけど…わん。
私たちもお二人に日頃の感謝の気持ちを込めて、ささやかですが…どうぞにゃん。

先ほど購入したピンキーリングの箱を開けて、みゆきさんに差し出しました。


すごく可愛くて綺麗///
六花、あたしが貰ってもいいの?

もちろん、マナを想って買ったんですから…わん。

れいかちゃん、指にはめてくれますか?
もちろん、喜んで引き受けさせて頂きますにゃ。


わたしは不自由な猫の手で何とかリングを取り、みゆきさんの片手を取ると…


突如人間の姿に戻り、お姫様の小指にきちんと愛の印を贈ると、片膝をついてみゆきさんの手の甲にキスをプレゼントしました。


れいかちゃんが王子様みたいで超素敵過ぎるよ〜////ありがとうれいかちゃん♡
はい///喜んでもらえて光栄です。


六花さんも同じく人間の姿に戻り、マナさんにリングをはめると、お二人は静かにギュッと抱きしめ合いながら、その場にしばらくの間、佇んでおりました。

よかった…この姿で渡せて…


これからもまだまだ私たちのワンにゃんパニックは続きます。

今回はひとまず終わりです。