※年齢制限注意 今晩はわたしがしてあげるね(後編)

ガバッと掛け布団を背中に乗せてから、みゆきはわたしのパジャマのボタンを外しながら再び深く唇を合わせた。

上半身の肌身が露わになると、一呼吸吸い込み、わたしの素肌に舌をあてると、舐め始めました。


首筋から鎖骨に舌を動かし、時々吸い付く動作に堪らずに痺れが走ります。


あの///えっとね、れいかちゃんの綺麗な肌に…印付けてもいい?
ん…おねがい……ぁああ///


胸の谷間からその周辺の柔らかい部分に何度も吸い付かれ、高い声が漏れてしまうから、すごく恥ずかしいです。


パジャマの隙間から手を中にするりと入れると、一番敏感な部分を指でなぞられて、びくんっと感じてしまいます。

すごくびしょびしょだね、気持ちいいの?
そんなこと聞かないでください///


入り口の外を何度もかき回すように指で弄ばれると、下半身の痺れが全身に廻り、我慢なんて無意味な状況に追い詰められてしまいました。


れいかちゃんの気持ちイイ所、舐めてもいい?

わたしの瞳を見つめながら毎回きちんと確認を取る彼女の優しい気遣いに、心から安心感が広がるから心地よいのだ。

みゆきの舌で舐めて欲しいです…///


みゆきはわたしの膝を開くと、腰を少し上げるようにお願いされて、みゆきの目にわたしの大事な部分がはっきりと見えるのでした。

れいかちゃんの蜜がいっぱいわたしを誘ってるみたいですっごく美味しそうだね。


ぴちゃっくちゅっと音を奏でながらわたしの割れ目やぷくりと主張する小さな頂きを舐められると、いやらしい声が漏れてしまいます。

ぁぁ…みゆきぃ…んっ…やぁん、気持ちイイ……ソコ、スゴくイイの///


舌で舐め上げるスピードを早めながら、大事な部分に執拗に吸い付かれると、快感が体を満たして果ててしまいそうでした。


みゆき、みゆき…もうダメ、あぁあ…

れいかちゃん、イってもいいよ…


わたしが果てると同時にみゆきも甘い吐息をふぅっと吐いて、愉悦な表情でわたしの上に体を重ねて脱力していました。


れいかちゃんの甘い蜜と感じてる声でわたしも気持ち良くなっちゃったよ。

みゆき…愛しています///キスしてください…
わたしもれいかちゃんを愛してる、わたしの大事なれいかちゃんだよ…



貴女が本心で愛しているのはわたしという姉の‘‘れいか’’…?それとも…


おしまい



満たされない、もっともっと、愛したい…
わたしは今宵も貴女を抱き締めて、愛する者への想いを募らす…