着いて来たキャンディさん(5)

みゆきくんはサンドイッチをパクリと一切れ食べると、もう一切れを持ち、ぼくの顔の前に差し出してきました。

ぇ…?みゆきくん??
れいかくん、あ〜ん♡
えとえと…その、あの…ぁぅ////
何にも食べないとお腹空いちゃうから、あ〜ん♡
ぁ、ぁ〜///ん、もぐもぐ…美味しいです///
よかった〜れいかくんの口に合ったみたいだね♪ねぇねぇ、ぼくにもよかったらしてくれる?


じぃーーークル…

キャンディさんの睨みつけるような視線を痛いくらいに感じます。

それはちょっと…(みゆきくん、あ〜ん♡なんて恥ずかしくて///)
あはは、ゴメンゴメン!冗談だよ。

冗談に見えなかったクル…



食事も終り、お会計をしているみゆきくんの少し離れた場所でぼくとキャンディさんは並んで待っていました。


キャンディはみゆきが好きクル…
はい、存じておりますよ。
みゆきと恋人になりたいと思うくらい好きクル…れいかくんはみゆきのことをどう思っているクル?