着いて来たキャンディさん(4)

お金はなんとか大丈夫かな、ふぅ〜
キャンディさんのお会計はみゆきくん持ちなんだね。
そうそう、まだ僕たちよりも子供だからね、お母さんから少し多めに持たせてもらってるから、なんとかなってる感じだよ。
みゆき、キャンディは子供じゃないクル。
ぼくよりも年下だしお子ちゃまでしょ。
年下は嫌クル?
嫌じゃないけど、駄々をこねる子は嫌だよ。
うぅー…みゆきぃ…嫌いにならないでクル…


キャンディさんがしょんぼりしている所に、注文したチョコケーキがやって来ました。


いただきますクル〜もぐもぐ…おいしいクル♪ウルトラハッピークル〜♪

さっきまでのしゅんとしょんぼりした姿は何だったんだろうね。
一瞬で元気になりましたよね…
女の子ってデザートが大好きだからねぇ…
ははは…


そのあと、ぼくのアイスコーヒーとみゆきくんのサンドイッチとキャンディさんの苺パフェとオレンジジュースが揃ったので、ひと時の休憩タイムが始まりました。


みゆき、あ〜んクル♡
ぇ…何でスプーンをこっちに向けてるの?
おそらく、みゆきくんに食べさせてもらいたいんですよ…
普通はメニューを頼んだ人からあ〜んってしてくるんじゃないのかな…はぁ、しょうがないなぁ…

みゆきくんはスプーンを持ち、苺パフェをすくい、キャンディさんに食べさせます。

はい、どうぞ。
あ〜む、パクッ、もぐもぐ……もう!はいどうぞじゃなくて、あ〜んがいいクルッ!!
イヤだってば、ぼくは好きな人にしかそういうことはしないの。
やっぱりキャンディのことが嫌いなのクル…
キャンディが嫌いなんて言ってないじゃないか。
言ってるクル!
言ってないもん!


まるで意地の張り合いの兄妹喧嘩みたいだなぁ…と、ぼんやり考えていました。


む〜ぼくはサンドイッチを食べるから邪魔しないでよね。
キャンディは邪魔なんてしないクル。


ぷくーっとむくれて、プンプンという音が聞こえてくるような顔をしているみゆきくんがちょっぴり可愛いかも…です///