大好きなお姉さん達からのサプライズホワイトデー(大学生)後編

そういえば、れいかちゃんはお取り込み中かな?
うん、れいかお姉ちゃんはお昼ご飯を作りに行ってて、わたしは宿題をしてた所だよ。
みゆきちゃんは偉いわね、一人でも宿題がきちんと出来るなんて誰かさんとは大違いね。
むむう、今はレポートも試験勉強も一人で出来るもん。
それは大学生なんだから出来て当然でしょ?
そ、そうだね…
みゆきお姉さん、よかったらわたしに英語を教えてくれませんか?

並んで座る二人のうち、みゆきお姉さんにずっと抱きついていて、斜め下から顔を見つめながらお願いすると、頬を赤く染めたお姉さんが目元をゆるりと下げていました。

ヨシヨシ…頑張り屋のみゆきちゃんにはお姉さんが英語でも何でも教えてあげるね♡お姉さんが手取り足取り腰取り〜えへへ♪♪


がらがら…

みゆき、そろそろお昼ご飯ができるからお手伝いをお願いしま…


わたしを呼びに来たれいかお姉ちゃんは今の状況を見た瞬間カチンコチンに固まり、みゆきお姉さんの隣に座るれいかお姉さんはイタズラが成功したと言わんばかりに笑いを堪えていて、みゆきお姉さんはわたしの頭を撫でる手をピタッと止めて苦笑いで冷や汗をかいている様子です。

な…な、なんでみゆきは、みゆきお姉さんに抱きついているのですか?それに、お姉さん方はいつから居らしていたのですか?

つい先ほどお邪魔させてもらった所なの、二人に渡したい物があって来たのよ。

れいかお姉さんの背後に置いてある、箱が入った紙袋をお姉ちゃんに渡しました。
これは何でしょうか?
お姉ちゃんが貰った箱をぱかっと開けるとそこに入っていた物は??
…デコレーションケーキ?


みゆきちゃんからバレンタインのプレゼントを頂いたの、だからホワイトデーにはお姉さん達からのプレゼントをお返しに来たのよ。

あの日、みゆきをたくさん探し回っていないと思ったら、お姉さん達のお家に行ってたのですね。
れいかお姉ちゃん、ゴメンね。
それはもういいですから、貴女はいつまでみゆきお姉さんにくっついているの?
何だかよくわからないんだけど、みゆきお姉さんってお母さんみたいで安心するんだよねぇ…似たもの同士だからかな〜?

(おそらく、みゆきのお母さんに雰囲気がだいぶ近づいてきてるから、みゆきちゃんも惹かれてしまうのでしょうね)

まだお母さんって歳じゃないもん、はっぷっぷー!!

みゆきお姉さんは少々御立腹な様子で頬を膨らしていました。
みゆきお姉さん大丈夫?気分が落ち着くようにほっぺにちゅーしてあげるね!
チュッ♡


みゆき?!(ああぁ…またライバルが増えてしまうじゃないですか…頭が痛いです)
みゆきちゃん///(超可愛い!連れて帰りたい)
みゆきちゃん、次はれいかお姉さんにもしてください♪(連れて帰って妹にしたら、お姉ちゃん大好き♡と言ってくれるのよね///)


お姉さん達から貰ったケーキはお姉ちゃんと仲良く食べようと思います。