読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンモスが見たいなー♪(前編)

ねぇねぇ〜お姉ちゃん、わたしマンモスが見たいなー♪
はい?
だから〜マンモスを見てみたいの。
・・・・
(わたしの妹は本当にどうしてこんなにもおバカで愚かしいのか、呆れを通り越して憂鬱に変わってしまいそうです…みゆきだったら可愛いですね♡と思い、穏やかな心でいられるのでしょうに… )

どこに行ったら見れるのかなぁ、お姉ちゃんの前世にはマンモスっていた?
紀元前の生き物など見たことなど無いに決まっているでしょう…それに、そんなものになぜ興味を持ったのですか?
この前(幼馴染のれいかちゃん家の本棚で)読んだ本に書いてあったんだ、象を巨大化したみたいなやつなんだよねー!そいつをバッドエンドシャワーでドカンと撃ち落としたら最高にウルトラハッピーな気持ちになれるかも♪
バッドエンドブリザードであなたを永久凍土に埋めて差し上げたら、最高にハッピーな気持ちになれそうですね…(クスッ)
あっ、ビューティが笑った!ふふっやっぱり可愛いなぁ♡
・・・・ (みゆきさんに褒められても嬉しくなどないですよ…でも嫌ではないです)


とにかく、どこでそのようなおとぎ話を読んだのかはわかりませんが、早い所このお話を終わらせる事にしました。


まったく…詳しくはわたしにも分かりませんが、紀元前一万年まで行くか、シベリアの凍土を砕いて発掘するしかないと思いますが…
わぁ〜じゃあ今から紀元前一万年まで行ってくるねー♪


紀元前一万年までワープっ!


さて、騒がしい妹ともおさらばできて静かになりましたし、珈琲でも入れてゆっくりと読書をしましょう…

珈琲のお茶菓子は、みゆきさんが昨日作ってたチョコチップクッキーを勝手に頂きましょう。