たまには晩酌もいいよね

れいかちゃーん♪明日はお互い一日オフだから付き合ってくれる?
晩酌?そうねぇ…それじゃあ一杯だけ頂こうかしら。
ホント?!良いお酒を貰ったんだ〜ちょっと待っててね!

みんなで飲み会をする時も二人で晩御飯を食べる時も嗜む程度にしかお酒を飲まない彼女は、わたしがいつもベロンベロンになるからその介抱役で飲めないのだ。
だから、今晩は少し酔っ払ってもらおうと思っています。


はいどうぞ。
日本酒ですか?貴女がビールを持ってこないとは…珍しい事もあるのね、クスッ。
貰い物だからちょっと気になっててね、大丈夫?
はい、お祖父様が日本酒を嗜む方だから、時々実家に帰る時には晩酌を付き合っているの。
そうなの?!知らなかった〜わたしもおじいちゃんにお酌してあげたいなぁ。
みゆきも次は一緒に帰りませんか?お祖父様もみゆきさんを連れてきて一緒に食事でもどうか?と言ってくださっているんですよ。
おじいちゃん直々の御誘いなの!?わ〜嬉しいなぁ♪行く行く〜
では次の連休にでも、バイト休みを取らないといけないわね。
オーケー、次行く時に×付けとくよ。


よーし、今晩の晩酌はお酌の事前練習にしようかな。
おっとと…では頂きます。

おちょこをくいっと傾けて飲みほすと…

もう一杯飲む?
コクンッ…
(ほらほら、れいかちゃんの本性が見え隠れしてくるよ、わたしと二人きりの時だけ気をゆるゆると緩めてくれるからカワイイんだよね)

れいかはお酒が強いから滅多に潰れないもんねぇ。
潰れないように許容量を考えてるんですよ。
わたしは好きな時に美味しく楽しく飲めたらウルトラハッピーな気持ちになれるから、飲んじゃうかな。
貴女みたいな飲み助さんの奥さんをしているから、外で気を緩めることはわざとはしないわね。

じゅあこの二人の愛の巣だったら自由に気を緩めてもいいよ…ね♡


二人でボトル一本を飲み終えると、とろんとぼーっとした瞳と目が合いしばらく見つめ合う…

メガネを外され、顔を近づけて唇を寄せるれいか。
ねぇ、だめ…?