幼馴染の口喧嘩再び(完)

コラ〜ッ!!れいか、抜け駆け禁止でしょ!筋が通ってないよ。
抜け駆け禁止も何もわたしとみゆきは正式にお付き合いをしている恋人なんです!筋はきちんと通してますから。
ふんだ、みゆきを我が物にしようったってそうはいかないんだから!
みゆきのバージンはわたしが大切に貰ったのよ、一生涯愛し愛されると決まっているのですから、我が物顏をしてもよろしいでしょ!
ふーん、そういう事堂々と言ってても浮気したりするんだよねぇ、れいかは美人さんだし大和撫子の優等生だし選り取り見取り〜ってさ。
なんですって…品行方正なわたしが浮気などするわけが無いでしょ!あなたこそサッカーで女の子達にモテモテで毎回囲まれているじゃないの…それからまだまだあるわよ!


わたしは口喧嘩を始めた幼馴染の二人から避難して、ミィちゃんを抱えてからベッドに降ろし、布団に潜り込みながらミィちゃんを呼びました。
ミィちゃん、れいかママ達の喧嘩が落ち着くまで一緒に寝てようか?
おいでっと呼ぶと、ミ〜と甘える声を出しながら布団に潜り顔だけぽこっと出し、目を閉じてすぐに寝息を立て始めました。

(ペンギンのぬいぐるみは後でお母さんにあげようかな、わたしにはミィちゃんとれいかちゃんがいてくれたら寂しくないからね)

れいかちゃんと仲直りができた事に一安心したわたしは、その日の疲れが出て寝てしまいました。


そんなこんなで、幼馴染の恋のバトルはまだまだ続くかもしれないです…

おしまい。