ハッピーバレンタインだよ(幼馴染)

青木家(幼馴染れいかちゃん宅)
良いお湯でした〜髪を乾かし終わったら、明日の準備をしなくてはいけませんね。
みゆきとは二人で出掛ける約束をバッチリ取り付けていますので、うふふ♡明日のバレンタインは最高に楽しみすぎてルンルン踊り出してしまいそうです♪♪(心の中だけで踊りますね)


れいかちゃん!こんばんは。
にゃー?にゃあにゃあ♪

ミィちゃん突然鳴いてどうしたの?って、あなたは青木姉妹の妹みゆきさんですか?!
ヨシヨシ〜良い子だね。猫のミィちゃんがいるということは、無事に幼馴染れいかちゃん宅に着いたのか〜

わたしの嫁のみゆきよりも少し幼い印象のみゆきさんです。


こんな遅くに出掛けてしまって大丈夫ですか?
うん、お姉ちゃんには内緒だよ。

みゆきさんはわたしの傍に寄り、綺麗なラッピングの袋を差し出しました。
これはまさか///
れいかちゃんにハッピーバレンタインだよ、心を込めて作りました。
頂いてもよろしいですか?
はーい!

頂いた袋を机に置いてから振り返ると、ドライヤーを持ったみゆきさんが姿見の前で立っています。
髪を乾かしてる途中だったね?どうぞ、お姫さま。
まったく、れいかお姉さんに怒られても知りませんからね。
明日がバレンタイン当日だから、今晩は大目に見てもらいます〜


みゆきさんはわたしの髪を乾かし終えると、本棚へと再び移動していきました。


わたしの本命の相手を思い浮かべながら、今晩はお休みします。