ご褒美のキスとチョコレート

…んっ、みゆき……チュッ
れいか…はぁはぁ…ふぅ、もっとしてもいいかなぁ?
まだ昼間なのよ、ダメ…
うー、やだぁ。
やだと言われても、パーキングエリアで昼間から盛っているなんていけませんから、ダメなものはダメです。


二人の愛車でドライブデート中に入ったパーキングエリアに車を停めて、先ほどまでずっと助手席を倒して抱き合いながら口づけを交わし合っていたのですが、体が熱くなると心まで熱くなり、触れたくて堪らなくなってしまうがストップを言い渡されてしまいました。


誰か知らない人に覗かれてしまうわ…それに、わたしを大切に愛してくれるみゆきを誰にも見せたくないのよ。
わかったよ、じゃあお家に帰ったらいっぱいぎゅっとしてもいい?
はい、二人のお家だったら好きなだけ愛して…って///何を言ってるのですかわたしは///少し外に出ます。


れいか…I don't want to be apart.

(離れたくない…と言ってくれたのね///嬉しいです)
少し御手洗いに行ってくるだけだから、すぐに車に戻ってくるから…もう一回キスしてね。


みゆき、I want to be with you forever. 


車を降りる直前に先ほどのお返事をきちんと伝えてからわたしはパーキングエリアを歩いて行きました。


車に戻るとみゆきはさっき食べていたチョコレートの箱を開いていました。
食べたくなったんだけどさ、貰ってもよかった?
もちろん、みゆきと食べる用のお菓子ですから好きなだけ食べていいですよ。

さっき伝えてくれた言葉ってさ[あなたとずっと一緒にいたい]で合ってる?
正解です。
よかった〜じゃあ正解したからご褒美のチョコレートを♡


二人が繋がる口の中には甘いチョコレートが溶け合って、スーッと甘さと愛しさが染み渡っていきました…