みゆきと真琴のお料理教室〜中編

中に入ると私たちと同じくらいの年代の女の子がエプロン姿で談笑をしていました。少ないですが男の子も何人かいて、みんな和気藹々と楽しそうで、人見知りのわたしは再び不安と緊張がのし掛かってきています。

あはは…やっぱり昔からの人見知りな部分はなかなか直らないなぁ…
みゆきちゃんが人見知り?!それこそ意外だと思ったわ。
まことちゃん達は同じプリキュアのお友達だと思ったら安心してすぐに打ち解けられたんだけど、初対面の人はちょっと苦手なんだよねぇ…
大丈夫よ、ここのみんなは優しくいい子達ばかりだからすぐに馴染めるわよ。

まことちゃんに手を引かれながら中に進んで行くと、わぁ〜まこぴーのお友達?初参加だね?名前は何て言うの?とたくさんの人に囲まれて質問を受けると、焦りながら自己紹介をしました。
すぐにみんなからみゆきちゃんと呼んでもらえるようになったので、まことちゃんの言ってた通り優しい仲間がいっぱいでした。


ね、大丈夫だったでしょ?
えへへ、まことちゃんのおかげだよ、ありがとう♪
いえいえ、あたしは隣にいただけだから何もしてないのよ。みゆきちゃんの人柄がすごく良いんだと思うの。
それでも隣にいてくれたから心強かったんだよ。

私たちもエプロンに着替えた所で、お料理教室の講師の先生が入ってきました。


今日はカレーライスを作るという事で、食材を切る作業から入りました。
れいかから包丁の使い方は教わってるから何とかなるよね、そえる方は猫の手でグーにしてと…

わたしが少しずつ食材を切り始めると、隣のまことちゃんはトントントトンと気持ち良いリズムで包丁を動かしていました。
わぁースゴイスゴ〜イ!まことちゃん上手だね。
これはマナ達から教えてもらったのよ、最初はまな板を真っ二つにしちゃってたから///
恥ずかしそうに俯きながら次々と切っていくまことちゃんの姿に、頑張ってみんなと打ち解けたんだなと伝わりました。