読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

温めてあげたい手のひら

うー寒いなぁ…お手洗い行こう…

姉さんは冬の夜中に体が冷えることがあり、お手洗いに行くことが稀にあります。

わたしは姉さんを温めてあげることはできないのかなぁ…自分のひんやりした手のひらをすりすりと擦り付けながら気休め程度ですが、暖かくなることを願う。


手のひら温めることに没頭していて姉さんがベッドに戻ってきていたとは気がつかず、恐らくは一部始終見られてしまいました。お恥ずかしいかぎりです。

れいかの手のひらも体も温めてあげるね。
姉さんの手のひらに包まれたら、じんわりと温かみが広がっていきます。


そのあと体を密着させるようにくっつきあって、生まれる前のわたしたちはこんな感じだったのかな?なんてね、と幸せそうに話す姉さんでした。


二人はぽかぽか温かいですね、みゆき姉さん。