読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BE姉妹と愉快な仲間たちの暮らしについて⒈

みゆきさん、ちょっといいかしら…
なになに〜♪お姉ちゃん!(ハグッ♡)
皆さんが食事を終えた食器を洗って片付けてください。
えぇー!なんで誰も片付けないかなー…しょうがないねぇ、わかったよ。
頼みますね(その間に読書の続きでもしましょう)
りょうかーい。


本日は、私たち姉妹とあのBEな方々がどの様に生計を立てているかというお話をしておきましょうか。

バッドエンドプリキュアふしぎ図書館(五人が仲良く??暮らす家)はいつから存在しているのかは全くわかりませんが、物心が付いた時にはそこでわたしとみゆきさんは暮らしていました。

どうやって食生活を送ってこれたのかも問題ですよね…
どういう仕組みか本当によくわからないのですが、うちの冷蔵庫は欲しい食材を願って開けるとその食材が手に入るという優れた電化製品ですので、生きてこられたというわけなのです。
ふしぎ図書館というよりふしぎ冷蔵庫ですね…

あの三人は数年前に突然押し掛けて来たので、わたしとみゆきさんからしたら、鬱陶しいことこの上ないのですが、邪険にしていたら戦闘が絶えなくて面倒で疲れるだけですので、手を組んで生活することに仕方なく決まりました。


皆さんには資金作りとして、それぞれ得意分野を活かし、発電所にお勤めに行って頂いています。
サニーは火力発電
マーチは風力発電
ピースは電力発電
ビューティのわたしは水力発電
ハッピーは光発電ですが、妹には小さい頃から家事全般を教育してきたので、家の事は大体やってもらっていますね。

食材が手に入るからお金は要らないのでは?と思われてしまうかもしれませんが、私たちにも欲しい物や、やりたい事が存在しますので、それの為にお金が必要なのです。


本日はこの辺りで解説は終わりにしましょう…お疲れ様でした。



れいかお姉ちゃ〜ん、片付け終わったよー
あら、もう終わったのですね…関心です。
褒めて褒めて〜えへん!
調子に乗っていないで、次は家の中のお掃除をしてくださいね。
掃除はきちんとするからさぁ…ちょっとだけ甘えてもいい?
…まったく、しょうがないですね…少しだけですよ。
わ〜い(ニコニコ)お姉ちゃん大好きぃ♡


ハッピーに背中から抱きしめられているこの時間は嫌いではありません…寧ろあの人の温かい腕に包まれているみたいで…いえ、なんでもないです…