心の花は百合姉妹④

あわわわ、あのお二人はすごいスキンシップですねぇ///
わたしたちもあれぐらいやってみる?
ななな?!何を言ってるんですか、そりゃあ羨ましいなぁとすごく思いますよ…あぁあ、ダメです、いけませ(つぼみ…
わたしが頭を抱えながらジタバタしていると、いつき姉さんに突然抱き締められてしまいました。
ね、姉さん////
今日は一緒に来てくれてありがとう、つぼみが一緒だとすごく頑張れるから…
はい、わたしも姉さんの傍にいられて嬉しいです。

ただ抱き締められているだけで何もできないのに、それだけでも胸の内にある不安や恐怖心などが消えていくような心地よい感覚が広がります。
(いつき姉さんが一番大好きなんです///なんて伝えられないのですが…)



ねぇねぇ、つぼみちゃんっていつきお姉ちゃんの事が好きなのかなぁ?
……はぁー、あのスキンシップを見てどうして疑問形なのでしょうか?
うーんと、よくわからないんだけどさ、わたしを好きなのかなって思っちゃうような感じがしたから、かなぁ。
見ての通りラブラブな姉妹ですよ。
(おそらくは大丈夫だとは思うけど、つぼみさんも貴女に惹かれているのは目に見えてるわ…なんて絶対に伝えませんけどね)
ふふっ、そうだね〜♪


生徒会室の戸締りを終えて帰路につく四人が廊下を歩いていると

あ、あの…れいかお姉さんにお願いしたいことが…
はい、どうかしましたか?
この学校の花壇を少し見せて頂きたいのですが…
ええ、もちろん構いませんよ。気になりましたか?
はい!すごく愛されて育てられているということが見ただけで伝わりました!!って、ごめんなさい///いきなり興奮してしまいました…
大きな声が出た自分がとても恥ずかしくて、いつき姉さんの背中に急いで隠れました。
つぼみは相変わらずだね(クスクス
むー、笑うことないじゃないですか///いつき姉さんのいじわる。

わたしがいつき姉さんの背後で赤くなりながらブツブツ抗議の声をあげていると、隣にみゆきちゃんが突然現れました。
はわわ、みみみゆきちゃん!?
つぼみちゃん、花壇に案内してあげるね♪
みゆきちゃんは手をつなぐと、しゅっぱ〜つ!と言ってから、小走りで引っ張られるように連れ出されてしまいました。


わたしたちを置いて行ってしまいましたね。
思い付いたら即行動な所とか、えりかを見てるみたいだなぁ。
えりかさん?とはどなたでしょうか??
つぼみとわたしの親友かな。小さくて可愛らしくて面白い子なんだよ。
なるほど、小さくて可愛らしいのに面白いとは興味深い方ですね。
あはは、今度紹介するよ。
はい、是非お願いしますね。



その頃えりかはというと…
ハクション…ハクショ〜ン!ぅぅ…風邪でも引いちゃったのかなぁ…
クシャミが二回の時は、誰かに自分の噂話をされていることもあるみたいよ。
ヘェ〜さすがゆりさん!物知りだねぇ♪
あなたが知らない事が多すぎるのだと思うわ、もう少しつぼみといつきを見習って勉強を…
も〜う、せっかく今日はゆりさんと二人きりなんだからぁ、勘弁してよー
ふふっしょうがないわね、今日だけは勘弁してあげるわ。
ゆりさぁん♡大好きでーす!!
えりか///声が大きいから、そういうことは外では言わないでいいのよ///
もう、照れちゃってるゆりさんが可愛いぃー!!

ゆりさんと仲良くお茶していましたとさ。

続きます。