れいかちゃんがこびとになっちゃいました⑴

今日は良い天気だなぁ♪こんな素晴らしい日はれいかちゃんと一緒にお散歩とかできたらウルトラハッピーなんだけどなぁ…ん?あれ?


うぅ…えーんえーん!!

公園の前を通りかかると、ベンチに座って泣きじゃくる小さな女の子がいました。
どうしたんだろう?迷子かなぁ?
わたしはその子に近づき、ベンチの前にしゃがみ込みました。
よしよし、どうしたのかな?お母さんとはぐれちゃったのかな?
わたしがその子の頭を撫でながら出来るだけ優しく尋ねると、その子は突然わたしに抱き付いてきました。

えっ!?あの、どうしたの??
ふぇええん…みゆきぃ、助けてくださぁああぃ!
よしよし、良い子いいこ…って何でわたしの名前を知ってるのー!?
みゆき、わたしよ…貴女の幼馴染兼お嫁の青木れいかです。
れいか…れいかちゃん?!ええっ、何で体が縮んでるの???
わたしは今起こっている状況が全く理解出来なくて混乱してしまってます。


それが…買い物しようと街まで出掛けたら、財布を忘れて、陽気なれいかさん…では無くてですね!!マジョリーナと偶然バッタリと出くわしてしまい、変身しようとスマイルパクトを取ろうと鞄をゴソゴソとやってる間に、気が付いたら体が縮んでしまってました。

財布を忘れて陽気なれいかちゃんが可愛いね♡って〜ちがう違う!マジョリーナのおかしな発明品の仕業だね‼
はい、確か…コビトニナールという名前を叫んでいたと思います。
こびとになーる?こいびとになーるじゃなくて?
もうみゆきとわたしはすでに恋人じゃないですか〜これ以上恋人になったら結婚するしかないですね。
結婚式はまた日取りを考えるとして…あの〜今はそれどころじゃないよね?
そうね、大きくなったらしましょうね。


話がずれてしまったので、元に戻します。
じゃあれいかちゃんは子供になったんじゃなくて、こびとになっちゃったの?
そうみたいね。はぁー、この姿ではお家に帰れないわ、困ったわね…帰って猫のミィちゃんにご飯をあげないといけないのに…
猫のミィちゃん?れいかちゃんって猫飼ってたっけ?
はい、昨日から飼い始めたんですよ。
昨日から?!ビックリしたよ〜すっごく急な話だね。

お母様のご友人が飼われてる猫が子供を何匹か産んだのですが、その家の他の猫も最近子供を産んでいたので、急に数が増えたから里親を探してうちに一匹きた、という話の流れなんですよ。
そっかぁ、れいかちゃんのお家は広いから猫ちゃんが走り回れそうだね〜いいなぁ見たいなぁ。
是非是非!では早速参りましょうか。
ちょっと待って!
はい、ちょっと待ちましたよ。
その体ではお家に帰れないって困って泣いてたんだよね?